ある方との出逢いから、
私の中に珈琲を淹れるということに変化がおきました。

その方は千葉県房総に店を構える KUSA.喫茶 焙煎家 姫野博さん。

世界各地の赤道近くの農園から届く最高品質の豆、
スペシャルティー珈琲といわれる豆を扱い、
日々丹念に焙煎されています。

素材である生豆のコンディションを日々見極めて、
神経を集中させ煎りあげる。
そこには珈琲の実を育ててくれた農夫への
畏敬の念とそれを受け継ぎ、
豆を最大限に生かす義務があるといった精神が
こめられているように感じます。

またそれを受け継いだ私は、
日々香味の変化を確かめながら、
その時その時の最高の一杯になるように淹れていきます。

それぞれの豆の香味の特徴を生かしながらも、
まろやかな味わいを表現できるよう
ネルドリップをいたします。