3月7日 木曜日

宮内真穂さんによる
茶の湯会を

開催します。

日本の暦にあわせて
行われる会

季節を感じ
情景を思い描き

草花にめをむけ

空間を整えて、

茶と向き合うひととき。

真穂さんが
導いてくださるそのひとときを

おたのしみいただけましたらと
おもいます。

私自身、お抹茶をたてるのは、はじめて。
お茶の世界、遠いところから眺めていたところがあって。

いつの日にか
学べたらと思っていました。

宮内さんは、まずはお茶のひとときをたのしんでいただきたいと。

学ぶ場というより、五感で味わうということをお伝えされることに
重きをおかれていて。

ぜひ、どなたでも。
ご参加をいただけましたらとおもいます。

 

以下、宮内真穂さんよりご案内です
・・・
啓蟄。
待ち遠しさへ発露する季節。

土の中で蠢く虫達や、そっと
ふくらみ始めた蕾に心を寄せ
ながら、茶の湯を開催いたし
ます。
一服のお茶から広がる早春の
波紋をお愉しみください。
.
.
〔 余韻 啓蟄の茶の湯会 〕
.
日時 : 3月7日(木)
時間 : 13:30-15:30
場所 : 種の音
会費 : 3000円
.
台湾茶
干果実
.
抹茶
和菓子 : 柳元千賀
洋菓子 : 黒田沙紀
.
器 : 余白
.
甘さの余韻の違いによって
変化するお茶の味わいを
愉しんでいただけたら。
.
.
お申込はメールにてお願い
いたします。
tanenooto@gmail.com
件名「茶の湯会」として頂き
お名前と連絡先をご記入ください。
定員になり次第、締切らせて
頂きますこと、ご了承ください。